Windows XPでサービスを無効にする方法 - オペレーティングシステム - 2019

Anonim

Windowsの多くの機能は、いわゆるサービス、つまりユーザーが認識できないほどシステムによって実行されるシステムプロセスの形で実装されています。 ただし、システムにはデフォルトで、ユーザーが必要とする可能性があるすべてのサービスが含まれています。これは、コンピュータのパワーが不十分な場合、多くの場合不合理な速度低下を招きます。

さらに、一部のサービスはユーザーの作業には必要ではありませんが、攻撃者にとってシステムの潜在的な脆弱性を引き起こす重大な危険性があります。 したがって、場合によっては、Windows XPでサービスを無効にする必要があります。
システムサービスで何らかの操作を実行する前に、レジストリブランチ[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServiсes]を保存することをお勧めします。 これにより、失敗した場合にサービスの元の状態を迅速に復元することができます。 いくつかのサービスは互いに依存しているので、いくつかのサービスを停止した後にそれらを再び開始することができなくなる可能性がかなりあります。 レジストリブランチを右クリックして[エクスポート]を選択し、レジストリブランチをエクスポートします。
これで、コマンドラインに「services.msc」と入力してWindows XPで無効にできるサービスを確認することで、サービス管理スナップインを起動できます。 それはユーザーが仕事でシステムのどの機能を必要とし、どの機能が安全に放棄されることができるかに依存します。
各サービスには開始タイプパラメータがあります。 サービスのスタートアップの種類が "auto"の場合、Windowsの起動時にシステムによって自動的に起動されます。 スタートアップの種類が「手動」に変更された場合、ユーザーはサービスを開始する必要があります。 スタートアップの種類が "無効"の場合、サービスは手動でも自動でも開始されません。
DHCPクライアント - ネットワーク接続の設定を管理します。 ネットワークやインターネットがなくてもコンピュータが自律的に動作する場合は、このサービスを無効にすることができます。
DNSクライアント - Active Directoryディレクトリサービスの操作に必要です。 Active Directoryが使用されていない場合、またはネットワークがまったく存在しない場合は、無効になっている可能性があります。
Machine Debug Manager - Microsoft Officeと共にインストールされたVisual Studioによるデバッグに使用されます。 無効にすることができます。
MSソフトウェアシャドウコピープロバイダ - ボリュームのシャドウコピーのプロセス中に取得されたシャドウコピーを管理するために使用されます。 無効にすることができます。
NetMeeting Remote Desktop Sharing - NetMeetingを使ってデスクトップにアクセスできます。 このプログラムを使用しない場合は、無効にすることができます。
プラグアンドプレイ - コンピュータへのデバイスの「ホット」接続を管理します。 このサービスを無効にすると、システムが不安定になる可能性があります。
Telnet - このサービスのおかげで、リモートユーザーはログインしてTelnetをサポートするさまざまなプログラムを起動できます。 この機能が必要ない場合は、このサービスを無効にすることをお勧めします。
Windowsオーディオ - オーディオ再生デバイスを制御します。サービスを停止すると、動作を停止します。 コンピュータのオーディオ機能を使用していない場合は無効にできます。
自動アップデート - システムが自動的にWindowsアップデートをダウンロードしてインストールすることを可能にします。 シャットダウンの場合は手動で行う必要があります。
ワイヤレス設定 - ワイヤレスネットワークへの接続を提供します。 不要な場合は、サービスを無効にすることができます。
Webクライアント - インターネット上に保存されているファイルをプログラムが変更できるようにします。 これが不要な場合は、無効にすることができます。
ディスパッチマネージャ - サーバとローカルネットワーククライアント間のファイル転送を管理します。 ローカルネットワークがない場合は無効にできます。

  • どのWindowsサービスを無効にできますか?また、これを行う必要がありますか?